November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

神奈川沖浪裏

 

 

 

 

 

 お待たせしました!

SUN SURF x 北斎 スペシャル・エディションが入荷です。

 

 

 

 

SUN SURF x 北斎 SPECIAL EDITION SS37651 "神奈川沖浪裏" ¥24840

 

北斎が71歳から描き始めた全46図の「富嶽三十六景」は、 当時の富士山信仰とも相まって大ヒットしました。 その中でも最も有名なこの作品。 北斎作品というカテゴリーを飛び越え、 日本美術史における最高傑作のひとつといっても良いでしょう。 「神奈川沖」とは東海道の宿場町・神奈川(横浜市神奈川区)の 沖合を意味することから、この絵は現在の東京湾上から見た 景色を描いたものということになります。波間に見えるのは房総や伊豆から江戸へと鮮魚を運ぶ 押送舟(おしおくりぶね)で、大波に翻弄されているかのようです。 力強く立ち上げる大波に対峙するのは、端正な姿でたたずむ富士山。 静と動の対比によって雄大な景色を表現しています。北斎は波を描く染料に藍を選んでいます。 特にこだわったのは最も青の濃い部分で、当時はまだ入手困難であった 輸入顔料の「ベロ藍」を使用していました。今回のアロハシャツには、北斎が使っていたものに近い 本藍顔料を採用し、そのこだわりを継承しています。

COOL!

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

pagetop