November 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

328日目。

 

 

 

 

 

小雪 (しょうせつ) 11/22頃
十月中 (神無月:かんなづき)
太陽視黄経 240 度
冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也(暦便覧)
陽射しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。
木々の葉は落ち、平地にも初雪が舞い始める頃。

 

11月も下旬だというのに日中の暖かいこと。

毎年こんなことを書いてる気がするなぁ。

 

11/22.23.24は地元の秋祭りですが、コロナと高い気温のせいか

例年以上に「ひっそり感」ありますね。

 

わたくし、半年ごとに消化器系の検査してるんですが、

実に10年ぶりくらいに数値が良くてかなりゴキゲンな日々を過ごしております。

調子に乗って年末年始の暴飲暴食が今から心配です。

 

 

 

 

立冬 

 

 

 

 

 

 

立冬 (りっとう) 11/7頃
十月節 八節
太陽視黄経 225 度
冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
この日から立春の前日までが冬。日は短くなり時雨が降る季節。
北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

 

立冬とはいえ、日中の気温が20℃オーバーの高知県西南部。

本格的な寒さは、まだまだといったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

霜降

 

 

 

 

 

 

 

霜降 (そうこう) 10/23頃
九月中 (長月:ながづき)
太陽視黄経 210 度
つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
北国や山間部では、霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃。
野の花の数は減り始める、代わって山を紅葉が飾る頃である。

 

やりたいことが山ほどある!

 

その前に夫婦でインフルエンザの予防注射してきた!

 

 

 

 

 

 

神無月 大安 282日目

 

 

 

 

 

寒露 (かんろ) 10/8頃
九月節
太陽視黄経 195 度
陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也(暦便覧)
冷たい露の結ぶ頃。秋もいよいよ本番。
菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入る。
稲刈りもそろそろ終わる時期である。

 

 

F-1とワンオクと井上尚弥だけが楽しみな日々。

 

 

 

 

 

GOTO

 

 

 

 

 

ホンダのF1撤退ニュースはほんとに残念でならない。

けど、突然首相が辞任する国の企業だから、正直そんなに驚きもしない。

今年の残り、ニュル、ポルトガル、イモラ、トルコ、バーレーンx2

アブダビと全戦勝利を収めてほしい!来年は来年ですから。

 

 

 

 

 

 

GOTOトラベル地域共通クーポン(紙・電子共に)

ご利用いただけるようになりました!

 

が、

 

不慣れなので、もたつくこと必至です!

どうかお時間と気持ちに余裕持って、温かい目で見守っていただきながらの

ご利用をお待ちしております。笑

 

 

 

 

 

 

 

今年もあと100日

 

 

 

 

 

 

秋分 (しゅうぶん) 9/23頃
八月中 二至二分 (葉月:はづき)
太陽視黄経 180 度
陰陽の中分となれば也(暦便覧)
暑い日は減り代わりに冷気を感ずる日が増える。
昼と夜の長さがほぼ同じになることで、
この日は秋彼岸の中日でもある。
秋の七草が咲き揃う頃である。

 

そろそろ行動開始です。

くれぐれも、いろんなことに注意を払いながら

小悪人退治に馳せ参じませう。

 

 

 

 

 

 

「白露」だったのね。

 

 

 

 

 

 

白露 (はくろ) 9/8頃
八月節
太陽視黄経 165 度
陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也(暦便覧)
野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。
朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。

 

 

今年は9/7だったのか。

ちょうど台風警戒してた時ですね。

確かに今朝はちょっと涼しかったな

また一歩秋に近づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに気になった記事

 

 

 

 

 

 

昔からデニムを取り扱っていると、

「頻繁に洗う派」と「全く洗わない派」の間に立たされることがよくある。

個人的には、全く洗わない状態は生地や糸にとって劣化を早める事になりかねないので

たまには洗ったほうが良いのではないかと考える。

洗剤を使わず洗い、裏返して干すだけでもだいぶ「持ち」は違うように思う。

 

余談だけど、

「全く洗わない派」の方がそのままの状態でお持ち込みになったパンツの修理はお断りしている。

マナー的にも、衛生的にもだけど、ミシンの故障にも繋がりかねないのでね。

 

ちなみボクは頻繁に洗う方なのだ。

洗剤で、普通に洗濯機で。なんなら柔軟剤の香りプンプンさせているが、なにか?

そんなボクでも、この記事を読むとそういった行動も少し考えねばならんなぁ…

これ、デニム屋さん業界またしても縮小に拍車がかかるんちゃうかぁ…と考えてしまう。

 

 

洗濯されたジーンズの微細な繊維は、

海に流れ込んで堆積している:研究結果

https://wired.jp/2020/09/06/your-blue-jeans-are-polluting-the-ocean/

 

 

海洋プラごみより深刻かも…。

 

 

 

 

 

 

ことしのなつ

 

 

 

 

 

 

柏島の海が見たくなって、ランチを食べた足でぶらっと

立ち寄ってみたら、島へ向かう車、すれ違う車がほぼ県外ナンバーで

駐車場は当然満車、路肩は山の上から下までズラッと県外からの

海水浴客で行列をなしていて、そのほとんどは

ノーマスク、ノーソーシャルディスタンスだったから

車から降りずにUターンして柏島を後にしました。

 

 

 

 

今年は少ない夏休みのお子さんの家族サービスで、

皆さん都会から涼と、開放感と、安全を求めムリもないとは思いますが、

地元民にしてみると、これはアカンよなぁ…

という感想です。

 

 

 

 

新しくオープンした水族館は入館まで大行列で、

お盆休み前に行っといて正解でした。

隣のキャンプ場もぎっしり。

3m間隔をとってテント張っていたらしいのですが

普段の状態を知ってるものには、大変な大混雑に見えてしまいます。

 

 

 

 

地元近くの観光地のパトロールを終え早めに帰宅すると

こんなニュースが。

夕方、日が傾くのを待ってお墓参りに行きました。

 

今年の夏は色々とイレギュラーな夏です。

 

 

 

 

 

 

勝つということは気持ちが良い。

 

 

 

 

 

レッドブル・ホンダが優勝と5位入賞を果たし、

アルファタウリのクビアトが10位で1ポイント獲得しましたね。

見事な戦略とチームワークにより高速サーキットである

シルバーストーンでホンダのPUがトップを獲れたのは

感慨深いものがあります。

 

今年の甲子園は特別ですが、

郷土代表の明徳義塾はサヨナラ勝ちを収めました。

最後勝って終わるのと、負けて終わるのでは観ている側の

気分的にもだいぶ違いますよね。

 

というわけで、今週の連休前半はとても気分良く過ごしている

私であります。

 

 

 

 

 

12345>|next>>
pagetop