October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

オマエが欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 キタコレ!

久しぶりに欲しいと思うクルマ現る!

TOYOTA C-HR

 

 

 

 

 

 

Fight !

 

 

 

 

 

 

 

 

 モータースポーツがある週末は幸せです。

予選の成績が良いと尚さら決勝への期待が高まり、ワクワクしっぱなしです。

この週末wecは前回の悪夢のようなル・マンの次戦となるニュルで

予選5,6番手の3列目スタート!

 

 

 

 

 マクラーレン・ホンダは7,8番手からのスタート!

夏休み前に良い結果を残せることを切に願うばかりです。

 

 wecも F1も "Japan power"を世界に見せつけてほしい!

 

 

 

 

 

 

全部ボクのせいです。

 

 

 

 

 

 仕事が一段落したから、会社でライブ映像見てたら

途端に可夢偉のドライブする6号車がスピンした。

その後店を閉め、帰宅してささやかな

「父の日」の食卓を囲み、9時頃だったと思う

そろそろゴールかなと、ふたたびライブ映像を見てみたら

5号車のトヨタ、2号車のポルシェ、6号車のトヨタと

上位の変動はなかったから、このまま行けば

トヨタの悲願達成だな。ここは見逃せん!      

焼酎片手に画面を凝視。  

が、しかし、まさかの残り3分での「no power!」。

 

 うそだろ...

 

 野球見てても自分が見てる時に限って

相手側に有利な展開になるって「あるある」が

今回も発動されたようで、勝手に自分で全部背負い込んで

今朝を迎えました。

 

 せめてF1のマクラーレンホンダの結果に期待しようと思ったら

あらら、こっちも悲惨な結果。

直線でスピードのらない?ギアボックス壊れた?

全部マクラーレン側の問題だろが!いつまでホンダのせいにするんや!

しっかりせいよ!少なくともF1はライブで見てないからボク。

 

 

 

 

 

 

花粉対策!









 ではないけどさ、
中古のツアークロスがやってきました!
が、
ちょっとキツい…。







 

オイオイオイ、何だよ コレよぉ!




 

車種

平成27年度まで

平成28年度から

原動機付自転車

 総排気量50娑焚
(定格出力0.6kw以下)

1,000円

2,000円

 総排気量50嫩90娑焚
(定格出力0.6kw超0.8kw以下)

1,200円


2,000円
(カブとジャズ)

 総排気量90嫩125娑焚
(定格出力0.8kw超1kw以下)

1,600円

2,400円

 ミニカー(三輪以上)
(総排気量20嫩50cc以下)

(定格出力0.25kw超0.6kw以下)

2,500円

3,700円

軽二輪車(125嫩250娑焚次

2,400円

3,600円
(エストレヤ)

専ら雪上を走行するもの

2,400円

3,600円

小型特殊自動車

農耕作業用のもの

1,600円

2,400円

その他のもの

4,700円

5,900円

二輪の小型自動車(250cc超)

4,000円

6,000円
(CL400)



聞いてねーよー!バカー!(T_T)






 

もうじき鈴鹿





いや、それにしても、勝てないねぇ…
wecのトヨタとF1のマクラーレン・ホンダ。
wecはポルシェ速すぎ!ウェーバーF1での
うっぷん晴らしまくりでしょうねーw
F1に至ってはポイントすら取らしてもらえない。
シンガポールがこれじゃ今シーズンは残りレース
すべてテストと割りきったほうがいいでしょ。
あ、ギアボックスはマクラーレン製でしたよね?
いやいや、責任のなすりつけ合いはやめましょう。
ハァぁ( ´Д`)=3
せめて鈴鹿では、日本のファンの前では
がむしゃらに攻めて、ポイント奪取して欲しい!
 

がんばれホンダ!




 

ホンダ、F1エンジンをスーパーフォーミュラのシャシーでテスト?

2015年9月12日

ホンダが、F1パワーユニットの実力を証明するためにスーパーフォーミュラのマシンに搭載してテストを実施するかもしれないと Autosprint が報じている。
最近、マクラーレンとホンダとの関係には亀裂が入り始めている。ホンダは、ICE(内燃機関)ではルノーと同程度のパワーを発生しているというスタンスをとっており、マクラーレン・ホンダ MP4-30が遅いのはシャシー側の問題が大きいと示唆している。 
だが、F1イタリアGPでは、フェルナンド・アロンソの最高速度は338km/hで、メルセデスエンジンが記録した数値に16km/hも及ばないものだった。
また、338km/hという数値は、下位カテゴリーであるGPでルーマニア出身ドライバーのロベルト・ヴィソイウが記録した331km/hをわずかに凌ぐに過ぎなかった。
モンツァでは、ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める新井康久にメディアから集中砲火が浴びせられた。
しかし、ホンダは、同社のF1パワーユニットが周囲が考えているほど悪いものではないことを証明するために、スーパーフォーミュラのマシンに搭載して鈴鹿サーキットでテストを実施する計画を立てているという。
スーパーフォーミュラには2リッターの直4ターボエンジンが搭載されているが、Autosprint によると、問題なくF1パワーユニットに乗せ換えることが可能だという。
「テストは無限もしくは中嶋レーシングの協力のもとに行われることになるだろう」と同誌は報道。テストの結果次第では、2015年のマクラーレン・ホンダの散々なパフォーマンスに関して、本当に責めを負うべきはマクラーレンなのかホンダなのかがはっきりすることになるかもしれないと付け加えた。 

引用元http://f1-gate.com/honda/f1_28403.html

言われっぱなしだったホンダの逆襲か?? このテストはいいアイデアだな。
そしてこの結果でホンダのポテンシャルが実証されることを願う!





 

バイクの日は過ぎたけど…





今や当ブログの有名人となった
お客さまの「M」様がバイクで御来店♪
バイクを6台、4輪はジムニーを所有していらしゃいます。






SUZUKI Volty ですね。
アレ?以前撮影させてもらったのはブラックでしたよねぇ?






以前のは手放し、ムスコさんにネットで見つけてもらった
大好きなキャストホイールのこちらを群馬県よりお取り寄せしたとか。






そうです、「M」様は無類のキャストホイール好きなのであります!
この方はいつお会いしても機嫌が良くてハツラツとしていて、
自分もこうありたいと憧れてしまいます。「M」様 有難うございました!








 

LED





当店の照明はそのほとんどをLEDに交換済みで
電気代節約の効果が待ちどうしい(未だ実感なし)。

以前は光は強いものの明かりの広がりがなく
せっかく交換してもかえって暗く感じるものがほとんどだったが
最近は照射角も広角になり、
店舗や住宅に違和感なく使用することができるものが増えた。
それに価格も下がりつつある。

だからというわけではないが、
社有車のヘッドライトをLED化してみた。




…高かった。
けど、以前の行灯のような暗いライトからおさらばできた。
若干DQN的な明るさだなとも思うが、視力低下する一方の自分には
これくらいじゃないとね。

JAPAN PRIDEってのがいいじゃん。








 

どっちかというと





なでしこジャパンより
アロンソが今季初ポイントとれたってほうが
心揺さぶられるニュースだな。個人的には。





 
12345>|next>>
pagetop